おおた中央接骨院

お電話でのお問合せ
0276-55-6898

症例報告



脚のしびれを訴えた方の一例

患者さん像

52歳男性
職業:ドライバー
運動習慣なし

経緯

3ヶ月前より、お尻から太ももに痛みとしびれがある。
整形外科でレントゲンを撮り「椎間板が潰れている」と指摘され、痛み止め処方されるも症状変動なし

初見

知覚、運動(MMTテスト)に異常なし
間欠性跛行認めない、足背動脈拍動異常なし
SLRテスト(-)※ただし、患側のハムストリングスタイトネス(+)
Kempテスト(-)
小殿筋押圧時に下肢放散痛(+)

見立て

上記により、整形外科的な病名につく疾患の可能性薄く、整体施術適応と判断
臀部の緊張の高さを下げることで症状の緩解得られると推測

施術

患部の緊張をほぐさすため、電気治療、マッサージ、ストレッチを行い、患部に負担がかからないための姿勢を作るためのリハビリトレーニングを行った。

結果

おおよそ1週間で症状半減し、1か月半後には緩解した。

※症例の一部であり、全ての方がこのような経過をたどる訳ではありません。
※当院で行っている施術は医療機関の行う治療ではありません。


受付

19時以降完全予約制

午前診療受付 9:00〜12:30
午後診療受付 3:00〜7:00
午後 7時~9時予約のみ
△ 午後3時から
※土曜9:00~12:30 
14:00~18:00
ー お休み