おおた中央接骨院

お電話でのお問合せ
0276-55-6898

テニス肘、ゴルフ肘



デスクワークや手作業でも発生するテニス肘やゴルフ肘

テニス肘・ゴルフ肘とは!?

   テニス肘は名前だけ!?テニス愛好家以外に好発
テニス肘やゴルフ肘は通称で、正式には「外側上顆炎」「内側上顆炎」と言われます。
肘の小指側に痛みが出ている場合は、テニス肘、親指側に痛みが出ている場合は内側上顆炎となります。

症状や病態は?  

どちらも前腕の筋肉が肘に付着する部位で発生する、炎症や組織の変性が原因です。
重いものを持ったり、手首の動きに連動して痛みが肘に響きます。

おおた中央接骨院のテニス肘、ゴルフ肘対応

  
痛みの対応 電気療法(TENS、ハイボルト、MCRなど)を用い痛みを和らげます。
筋緊張緩和 マッサージ、ストレッチで原因となる筋肉の緊張を和らげます。
リハビリ  PNFなどの手技を用いたリハビリで患部の血流改善や、筋力アップをはかります。
負担の軽減 負担を軽減するため、専用のサポーターを必要があれば販売いたします。
生活指導 負担のかからない使い方のポイント
ストレッチなどのセルフケアをお伝えします。 
 

テニス肘、ゴルフ肘Q&A

 
治りますか?
明らかな使いすぎによる急性発症は、比較的治りやすいです。
慢性化したものは、組織の変性や中枢痛覚回路の異常なども関与し時間がかかります。
注射は有効ですか?
日本整形外科学会「外側上顆炎診療ガイドライン」によると、短期的には有効だが長期的な有効性はない。とされています。
サポーターは付けたほうがよいですか?
上述のガイドラインでは、使用する事を弱く推奨するとされています。
また、テニス肘、ゴルフ肘専用のサポーターである事が条件となります。

受付

19時以降完全予約制

午前診療受付 9:00〜12:30
午後診療受付 3:00〜7:00
午後 7時~9時予約のみ
△ 午後3時から
※土曜9:00~12:30 
14:00~18:00
ー お休み